« 記事数100(ぱちぱち!!^▼^ ) | トップページ | 癒しぃ~(´-`) »

きのこ観察(梼原神宮)

今日はきのこ観察会でした。(厳密には昨日ですが・・・)
天気予報によると雨でしたが、何とか雨は上がりきのこ観察会を始めることができました。

060625_13431_1 なんと、今回、ずーーーーーと会いたかった、キヌガサタケに会うことが出来ました。

なんと、美しい姿なのでしょう(´-`)

きのこ界では、この可憐な姿から「きのこの女王」と言われています。

本当に、感激です。

060625_1255_1 また、このきのこはとても繊細で、このベールの部分は、数時間で朽ちてしまいます。(右の写真)

だから、とても完全な状態では、会いにくいのです。

実は、このきのこ食べれるんです。見た感じは、なかなか食べようとは思えませんが、頭の部分、(黒い部分)以外は食べられます。

中国料理では、高級食材で大変珍重されているそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キヌガサタケ( Dictyophora indusiata )

(特徴)   地上生。幼菌は地中生で直径3~4.5cm、卵形の寒天質の菌蕾。表面は白色。生長すると菌蕾から高さ15~20cmの円柱状のきのこ(子実托)を現す。傘はつりがね形で、頂端は環状で孔口があり、白色を帯びる。表面は暗緑色で網目状の隆起を生じ、胞子はこの部分に形成される。傘と柄の間から白色の菌網(マント)を出す。柄は中空で円筒形、柄には多数の小孔がある。

(分布)n   県内:各地の竹林地 
県外:本州・四国・九州;中国大陸・北アメリカ・オーストラリア

(発生状況)  6~7月、特に竹林内地上に生える腐生菌。竹林の環境の変化・生育環境の変化(土壌の富栄養化)。希少性。usiataキヌガサタケ Dictyophora indusiata

|

« 記事数100(ぱちぱち!!^▼^ ) | トップページ | 癒しぃ~(´-`) »

きのこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53462/2380638

この記事へのトラックバック一覧です: きのこ観察(梼原神宮):

« 記事数100(ぱちぱち!!^▼^ ) | トップページ | 癒しぃ~(´-`) »