« 鉄輪温泉(渋の湯) | トップページ | 雑貨屋巡りin大分(Bienvenue*) »

きのこ狩りin男池

すっかり、きのこの季節♪

黒岳の男池周辺で、きのこ散策してきました。
男池に着くと、少しひんやりするくらいの気候でしたが、歩いていると体が温まり 冷たい空気が気持ちいい^^
登山を楽しまれている方も、たくさんお会いしました。

R0010518_1





男池(湧水で、もちろん飲めます☆)




きのこもたくさん はえていました。
R0010512




ムラサキフウセンタケ


R0010501






クヌギタケ






R0010515







キララタケ





R0010510



ツマミタケ



などなど、たくさんのきのこと出会いました。(写真はほんの一部です)

帰って図鑑を見ていると、ムラサキフウセンタケは食用可との事。
たーーーくさんあったので、いっぱい採ってくれば良かったと、後悔しまくりました・・・

ちなみに、今回のきのこ、最後のツマミタケ以外食べれます。おいしいかどうかは別ですが。。。

皆さんは、絶対に 自分で採取したきのこを食べないようにして下さい。

たまたま、一緒に登山したおじさんは、仲間が去年ツキヨタケ(毒)を食べ、三人集団で入院したそうです。
おじさんは、冷蔵庫に入れたままだったので、ギリギリのところで食べずに済んだそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ムラサキフウセンタケ(科目名: ハラタケ目 フウセンタケ科、学名: Cortinarius violaceus (L.:Fr.)Fr.)

発生場所 ・・・種々の広葉樹林内の地上に生える。 (針葉樹林にもはえるとされていたが、それは別種)

発生時期 ・・・春~秋
キノコの特徴
   ・ 傘: 中高の平らに開き、傘の径5~12cmほど。表面は暗紫色で、微細な毛を密生するが、後に細かいささくれ状の鱗片に被われる。 
・ ヒダ: 傘と同色だか、後に胞子のために褐色となる。
・ 柄: 柄の長さは7~12cmほどで、基部は膨らむ。表面は傘と同色で、最初ビロー     ド状で後に繊維状となり、しばしば鱗片を生じる。中実。クモの巣膜は胞子が付着   して褐色になる。
・ 肉: 淡い青紫色~灰紫色。



ごめんさい。。。他のきのこは説明書くの辞めました・・・

|

« 鉄輪温泉(渋の湯) | トップページ | 雑貨屋巡りin大分(Bienvenue*) »

きのこ」カテゴリの記事

コメント

素敵ですねぇ☆きのこ散策(ノω`*)
ヘトヘトに疲れる登山は苦手ですがこんなふうにきのこなど見ながらのお散歩っていいですねぇ☆
良かったらいつか私もご一緒させてほしいです☆
きのこの知識はゼロですが、こういう自然散策みたいの大好きです♪
そして温泉もご一緒させてください(*ノ∀`)

投稿: マリ怪獣 | 2006年9月30日 (土) 01時16分

>マリ怪獣さんへ

私もへとへとに疲れる登山は苦手。。。やっぱり、花やきのこや植物などを見ながらゆっくり登るのが気持ちいいですよね。
よかったら、一緒にどうぞ☆

温泉も是非ご一緒お願いします☆★

投稿: きのこ(管理者) | 2006年9月30日 (土) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53462/3628812

この記事へのトラックバック一覧です: きのこ狩りin男池:

« 鉄輪温泉(渋の湯) | トップページ | 雑貨屋巡りin大分(Bienvenue*) »