« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

なつはぜクッキー

Photo














ちょっと前ですが、「なつはぜ」のジャムを使ってクッキーを焼きましたshine

以前 野いちごジャム をプレゼントしたことがあったのですが そのにお返しにと 「なつはぜジャム」を女王ばちさんから 先日頂いたのですheart04それも、手作りconfident

はじめて、なつはぜ を頂いたのですが、ブルーベリーを少し小さくして濃縮したような感じ。もったいないので、ヨーグルトに入れたり パンに塗ったりと 少~しずつ頂いておりますrestaurant

ふと、クッキーにも合うのでは思い、練りこんでみることにしました。
予想通り とってもおいしい~さらに、クッキーとクッキーの間に、ホワイトチョコを挟んでみたのですが、これがまた相性ぴったりshine

あまりの美味しさに 父と取り合いでしたcatface

| | コメント (10) | トラックバック (0)

壱岐

壱岐に行ってきました。

実は、壱岐ってどこにあるのかさえ知りませんでした。
更に、母に聞いたところ、実は母は壱岐の隣の島 対馬 産まれだそうで。。。知らなかった・・・

そして、行って知ったのだが、壱岐は福岡ではなく 長崎だったwobbly

Photo




まず、島に渡る前に、唐津で腹ごしらえ、イカの足がホッペにくっつく。新鮮な イカ は最高up

Photo_2














ハマノベキク
断崖絶壁に自生していた。(2時間ドラマの最後に殺人が行われようとしていて、タイミング良過ぎるくらいに警察がかけつける そんなシチュエーションがピッタリの場所です)



Photo_3









地蔵さん
潮の満ちひきで 地蔵は海の中につかるそうです。お腹に、穴が開いていて、安産祈願になるとか。。。触るの忘れた・・・bearing

Photo_5
海が真剣綺麗だった*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
夏に泳ぎに来たいheart04砂もすっごい粒が細かくてサラサラなんです↓
Photo_6











Photo_7













夕ご飯は、なんと お造り!!
初めてこんな豪華なお造り食べましたfish魚が新鮮で、あわび こりこり だし、サザエも 腹いっぱい食べましたdelicious


Photo_8







昼は、壱岐牛のバーベキューupもう、やわらかいのhappy01とろけちゃう~
たらふく 食べました。


Photo_9











最後は、イルカパークに行ってきました。
ショーももちろんいいのですが、




私は、ショーが終わって 一人残って、ショーを終えたイルカさんを眺めていたら、、、

Photo_10












イルカさんが寄ってくる!!

もしかして、遊んでって言ってる?
なんと、手出したら 顔を上げて 口を持ってきたんです。
はじめて、イルカに触りました~
そのうち、くるくる回ったり  お腹を出して触って触ってしたり(←お腹なでて超感動shine
もうもう、真剣真剣 かわいかった~heart04heart04heart04

実は、動物奇想天外を見ながら、イルカと 一緒に泳ぐことにあこがれていたんです~一歩前進ですconfident いつか絶対一緒に泳ぎたい!

他にも、サルの顔した岩とか、弥生時代の遺跡とか、うに工場とか、焼酎工場とかまわりました。

なかなか、よい所でした♪

| | コメント (8) | トラックバック (2)

由布岳登頂

友達が、登山したいということで、由布岳に登ってきました。

由布岳に登るのはいつぶりだろうか・・・

朝、起きると土砂降りrain無理かなあ。。。と思っていたら出発の9時に近づくにつれて、空が明るくなってきましたshine

10時には、由布岳登山口到着!!
霧もはれて、紅葉もいい感じです。

Dsc_0078














出発して、あっという間に頂上でした。
しかし、頂上は風も強くとにかく寒い寒い寒い・・・手がはじかんで、鼻や耳は凍りつき、足の先は凍傷ぎみ??スキー場で吹雪の中でリフトに乗ったくらい寒かったwobbly

途中、知らない団体に温かい野菜のお汁を頂いたり、みかんを貰ったり、絶品のラッキョ漬けを貰ったりheart04心は温まりました。

帰り、冷えた体を温めるためひょうたん温泉(別府)に入り、美味しいご飯をめいっぱい食べ、幸せな一日でした。本当に最高に至福の時でしたhappy01

| | コメント (9) | トラックバック (0)

cookie

急に作りたくなってつくりました。

ころころした感じがかわいい☆

Dsc_0074

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »